airjordan13wheat.com

Contents

面接の時には好感度を上げましょう

就職活動でもっとも重要な面接 面接の合格率は、その人の能力だけではなく好感度によって左右されることが多いです。面接官によっては特別な講習を受けていたりすることによって、直感を鍛えている方もいます。初対面の方の好感度を上げるためには、当たり前ですが、好印象を与える立ち振る舞いが必要です。

好印象を与える立ち振る舞いというのは、姿勢から始まります。ますは背筋を伸ばし、椅子に浅く腰掛ける事を意識してください。背筋を伸ばし、姿勢を正すことで堂々とした印象を与えると共に、自信を増す効果もあります。頭のてっぺんから伸びた糸が、天井にまっすぐ伸びている様をイメージしましょう。逆に、猫背で下を向いて話すと、声が籠り、自信のない印象を与えてしまいます。注意しましょう。

続いて、笑顔で話すことを意識しましょう。笑顔を作ることで、面接官の警戒心を解くことに繋がり、好感を与えることができます。また、笑顔を作ることで自身の緊張を解す事ができ、脳内ではドーパミンという物質が分泌されます。このドーパミンというのは楽しい気分にする作用があるため、面接時にプラスに働きます。ただし、笑顔を作りすぎると印象が悪くなる場合もあります。友達や家族と面接の練習をし、効果的な笑顔の使い方を覚えていきましょう。

関連サイト

Copyright (C)2019就職活動でもっとも重要な面接.All rights reserved.